www.palaungwomen.org
新聞のチラシ、タブロイド紙、街中にある広告や郵便広告で「債務の整理整頓やります」「債務を統合したくないですか」というような広告を閲覧することがあります。これらは、「整理業者」「買取業者」「つなぎ屋」と呼ばれる企業の広告のケースもあります。頼んだ際には破産申請フローの中で最も大切な免責許諾を受けられなくなるパターンもあります。「整頓屋」の場合、ダイレクトメールなどで借金を抱える人はおびきよせ、法外な手数料を要求して負債整頓をしますけれど、現実には負債整理は行われないで、借金者はさらなる負債スパイラルにはまる場合が大方と思われます。「買取専門人」ではクレジットで家電、新幹線のチケットなどを仕入れさせ、借金者からこれらの品物を売値の1割から半額で受け取るというやり口を使っています。依頼者は短期にはお金が懐に入りますが少しすればクレジット企業経由で買ったものの完全な請求が届くことになり、借金額を上乗せすることになります。この場合はカード会社へ詐欺であるということになって免責がもらえなくなります。「紹介人」の場合、人気のサラ金から断られるようになった負債者に対し自分では融通はせずに、金貸しを可能である貸し手を呼んで、すさまじいサービス料をもらう悪徳業者です。つなぎ屋は自らの努力で融資が受けられたという口調で話しますが実際は何もしていなくて単純に審議の甘い店を知っているというだけなのです。このケースも結局は負債を増やす結果に終わります。