車での事故から一定の期間の時に保険会社に電話しておかないと

*** PR ***

  • 突発的に遭遇するのが事故です。なるべく貸し借りはしない

    ここで何をどうやって作業したかが要因となり、自動車保険料の受け取り額も相当大きく差が出るケースも予測できますので適切な考え方と対応が不可欠です。マイクレ

    予期せぬ出来事に巻き込まれて平静さを失ってしまうと大事な状況を見落してしまい先々自分が大きな損を受けることもあるので自動車の事故に巻き込まれた状況では正確に次に述べる行動を行います。

    車の事故の遭遇した場合に最も初めにしなければいけないのが負傷した人の状況を確認する必要があります。

    の後すぐは呆然としてしまう時がありなかなか行動を起こせないのが一般的です。

    その状況では、負傷した方がいたら危なくない地点へ移してできる限りの処置を行い、救急車を呼ぶなど人命救助優先に努めることが重要です。

    救急車を呼ぶ時には正確な現場を知らせ、分かりにくい場合は周囲の目を引く建物や番地名を知らせて事故の住所が分かるようにします。

    その後で警察へ通報して交通事故があった旨、様子を告げます。

    救急車と警察の到着を待っている時に怪我人のことを確かめます。

    姓名、電話番号、免許車のナンバー事故相手の保険の会社名などなど相手だけでなく自分の情報を教えあいます。

    その場面で事故の相手に非が存在する状況では現場で処理する状況が考えれますがうやむやにするのではなく、どの場面であれ110番や自動車の保険会社連絡して、正しく調べてもらうようにしましょう。

    お互いの内容をやり取りしたら他者の妨害にならないように障害物を道から排除します。

    どうしても妨げになった物が他の交通の妨げとなっている場合は、それぞれの情報を交換する前にそれを完了させても問題はないはずです。

    ここで自身の掛金を支払っている車の保険会社に電話を入れ、自動車事故を起こしてしまった事を報告します。

    車での事故から一定の期間の時に保険会社に電話しておかないと、自動車での事故の保険の適用外に場面も考えられるので可能な限り遅れることなく行動することが重要です。

    また手がかりとして、デジタルカメラや携帯などで事故現場や車の壊れた箇所が分かる写真をを写します。

    その写真は過失の割合決めるかなり大きなデータとできますので、自らのクルマや相手方の乗用車の故障個所を正確に証拠写真として残しておいてください。

    この時に他の人がいたのなら警察や自動車保険会社が着くまでその場所にいてもらうよう話しておくことも忘れてはいけません。