まずは外貨投資する「長期」に関して詳しく見てみましょう

*** PR ***

  • 外国為替証拠金取引で投資する魅力は、一つの商品であるにもかかわらずお金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」のどれを選ぶのかによって資本の投下の方法がまったく違うという点にあるのです。

    まずは外貨投資する「長期」に関して詳しく見てみましょう。

    長期スタンスというのは一年以上の出資を前提にしているものです。

    基本的に為替においては、一年以上後々の為替のレートが円高であるか、逆に円安であるかを予測するということは難問だと思います。

    現実的には「後々の変動は予想できない」と思うのが一般的です。

    予測もできないことをがんばって推測しようと思っても、そんなことは意味のないのです。

    したがって他の貨幣を買ったら、その時点での買いレートよりも円高に変わったとしても、それは待っていれば戻ってくるはずだという気楽な感じで売買にチャレンジするのが良いでしょう。

    儲けを無理に追いかけることではなく別の方法での儲け、つまりはスワップ金利で利益を上げるというのを初めの望みということにして投資しましょう。

    当然ですが為替差損に損失が非常に大きくなることもあります。

    そういう訳で、そういったマイナスが大きくてもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめでトレードする心がけは大事です。

    FX(外国為替証拠金取引)は、為替差損が決まった範囲以上に増大すると、追加保証金を求められたり、あるいはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

    ストップロスをしたら、すぐにトレードを終了することになり長期トレードがストップしてしまいます。

    この例のようなリスクを避けるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度でやり取りするべきです。

    次に中期スタンスを狙ったやり取りに関してです。

    中期投資のケースは長くても1?2ヶ月位先を見越してのやり取りであります。

    為替売買の場合、1ヶ月先のことであればだいたいの場合想定できるな場合が多いでしょう。

    先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような公式の論議であったり市場参加者がどんなことに興味があるかを聞けばだいたい、予想がつくのです。

    こういった経済情勢を見る一方グラフを確認することで、為替レートのレベルを理解できるようになり買いか売りかを決める方がいいでしょう。

    基本的に、経済情勢とテクニックのどちらも良い感じでありもしくは買い傾向が一致している時は、ほぼそのまま変動すると思って良いでしょう。

    そこで保有高を増やしておく事で大きい利益を受け取れるのはほぼ間違いないでしょう。

    最後は短期のスタンスのコツです。

    この短期トレードとは言い換えればデイトレーディングを言っています。

    為替でデイトレーディングをするには、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は全然関わりがないと断言していいです。

    というのも次の日の相場の変化に、ファンダメンタルズは関係がないからです。

    この時、最大の狙いどころは大規模な催し物があることで、そのために為替の相場がかなり変化する機会を待って取引することです。

    例を挙げるとアメリカにおいて雇用の情勢が公布されるないしは金融政策決定会合等によって制作金利が動くような催しごと。

    こういう絶好のチャンスに変移を見逃さないといった意味合いから、短期のスタンスでは多様な情報が欲しいところである。