www.palaungwomen.org
「スプレッド」とはFXは通貨ペアを売り買いして利ざやを生む取引です。売買の注文の値段は、変化しています。それがマーケットです。テレビのニュースをみていると通貨の為替相場の情報が流れる場合があります。たとえば、「今のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを提示しています。言い換えると、外為取引には買いと売りの両方の価格があります。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX業者もあったりします。普段は買値よりも売値が低く決められています。私達が買うときには高く、売るときには安くなります。その差をスプレッドといいFX会社の稼ぎの1つになっています。スプレッドはFX業者によって違います。スプレッドはあなたにとって支出となるので小さい取引業者を選択したほうが有益です。ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの狭さは変わります。もしも通常はドルと円のペアで1銭のスプレッドの幅でも相場の上下がかなり大きいときには3銭、4銭になったりするのです。そのため、スプレッドが狭いのと同じく変わらない事が不可欠です。今では固定でスプレッドの狭さを提示する取引業者もいろいろ存在しています。リアルに取引会社の売り買い画面の中で現実の相場を見なければ区別できないので面倒ですが、必要不可欠な事です。貴重なお金を投資して売り買いをしますので実際の売買の前に、興味を持ったFX会社の新規口座開設を遠慮せずにして、提示されているスプレッドの差を確認しましょう。同じ外貨でも、そのタイミングの市場の変動率によって、通貨のスプレッドの幅は変わることがあります。一般的には、銀行間取引市場で取引高が多いペアではスプレッドが狭く別の外貨ではスプレッドが広がる事があります。