・家財を独断で管理

*** PR ***

  • 破産許諾をもらったときにどんな不利益、デメリットが存在するのかは自己破産申請を検討した方にとって疑いなく開始時に欲しいインフォメーションだと考えます。

    そこで破産認定者が避けられない不利益に関しての中身を並べ書きにします。

    ・市町村役場の破産者名簿に記述されます。

    ※正当な本人証明書を給付するためのデータなので大抵の人は閲覧することができませんし、免責の許可が与えられれば消去されます。

    ・官報上で公にされる。

    ※通常の新聞とは異なって通常の本屋には置かれていないですし通常の方には縁もゆかりもないものであると言えます。

    ・公法の資格の制限。

    ※自己破産認定者になったときは弁護人、会計士、税理士などといったような資格を持つ人は資格停止になるから事業が不可能になります。

    ・私法上における資格限定。

    ※自己破産認定者は後見者、連帯保証役、遺言執行者になることが無理になります。

    さらに合名会社、合資企業のサラリーマンおよび株式形式の会社、有限形式の会社の取締担当、監査担当者のときは退任要素になってしまいます。

    ・カードローンやクレジット機能を活用することが不可能となります。

    破産管財人がいる場合の際は下記の制限が加えられます。

    ・家財を独断で管理、処分することが許されなくなります。

    ・破産管財者や債権者会合の要請があれば適当な説明をしなければいけません。

    ・地裁の認定がないと自宅の転居や長期の遠出をすることができません。

    ・地方裁判所が必要と認定する場合は当人が捕らえられる場合があります。

    ・郵便は破産管財者に配達され破産管財人は届けられた配達物を開封できます。

    破産者の損失に関する一般人に間違われているポイントを箇条書きにしておきました。

    1戸籍情報また住民票には入力されません。

    2組織は自己破産してしまったことを理由として解雇することはできません。

    ※原則として、自分がしゃべらないかぎり周囲に伝わる可能性はゼロに等しいです。

    3選挙の権利や選挙に立候補する権利などの公民権は停止されません。

    4連帯保証人になっていないなら近親者には支払い責任などは存在しないです。

    5最低限日々の生活に大切な備品(デスクトップPC、テレビを含めて)衣服などは差し押さえられないです。

    自己破産人のデメリットについてリストアップしてみました。

    破産の申請をする場合は返済責任は帳消しになるといっても、以上の損失が存在します。

    破産の申し立てを考慮する上で、得も困難真剣に考えた方がよいです。