危険じゃない場所に移動してからできる限りの手当を施し

*** PR ***

  • 予想外に急に遭遇するのが交通事故です。簿記1級勉強法

    その状況でどう行動した結果が原因となり保険金の支払額もかなり変化する場合も予想できますので的確な決断力と行動力が大事です。男 陰毛 脱毛

    考えもしない出来事に遭遇して冷静さを失ってしまったならば必要な対応を逃してしまいその先自身がかなり大きな損を負う場面も考えられるので交通事故に巻き込まれた場面では適切に次の行動をしましょう。脱毛 高崎

    自動車の事故をした場面で第一にするべきは重軽傷者がいるかどうかのかを確認する必要があります。

    自動車事故の後すぐは頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまう状況がありなかなか動くことができないのが通常です。

    ですので、怪我人がいた場合には危険じゃない場所に移動してからできる限りの手当を施し、救急車を呼ぶようにして人命救助最優先に努めましょう。

    119番に連絡する場合は明確な場所を知らせ、不明確な場所では辺りの目を引く建物や地点を伝えて事故が発生した住所が分かってもらえるようにします。

    2番目に警察に知らせ、自動車事故が起こった事そして現状を知らせます。

    救急車と警察が来るのを待つ間に事故の相手のことを確認します。

    氏名、住所、免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手の自動車保険会社など自分だけでなく相手の情報を言います。

    その場面で事故相手に過失があったような場合には、即刻結論を出そうとする状況が考えれますが現場で解決するのではなく、どの状態だとしても110番や自動車保険の会社に通報して、平等に調べてもらうことが重要です。

    関係者の情報を教えたら車の妨害にならないために邪魔な物を道路の上から除去します。

    もしも障害になる物が自動車の邪魔になっている場合には相手と自分の情報の交換をする前にこの作業を終わらせてしまっても問題はないはずです。

    あなたの加盟している自動車保険の会社に電話を入れ、車の事故が起こった事を知らせます。

    一定の期間内に保険屋さんに連絡しておかないと車での事故の保険の適用除外にされるケースも想定されますので極力早く連絡を入れることが必要不可欠です。

    出来たら現場の証拠になるようにデジカメや携帯電話のカメラ等を使って事故現場やマイカーの破損の状態を見ることができる写真を写しておきます。

    それは過失の割合決定する際に証拠とできるので、あなたの愛車や先方の自動車の壊れた箇所を全部証拠に残しておくことが大切です。

    この際に目撃した人がいたならば警官や自動車保険会社が到着するまで事故現場にいてもらえるようにお願いするのも忘れてはいけません。