負った人の近親者に催促

*** PR ***

  • 破産の申告を行っても家族に直に連絡がいくということはないと言えます。マルチビタミン

    従って、親族には知られてしまわないように破産の申告が可能だとも考えられます。http://jca-informatique.com

    ところが現実問題として、自己破産を申し込む時に役所などから同居家族の給金を明らかにする書類や金融機関の通帳の複製等といった証明書類の提出を余儀なくされるというということがありますし、債権者から近親者へ催促が来るなどということもよくありますので、家族に発覚してしまわないように自己破産というものができるという確証は得られないといえます。ニコノン

    わからないようにして後になってから知れ渡ってしまうよりも、はじめから嘘偽り無しに本当のことを話して家族皆が協力し合って乗り切る方が無難でしょう。ポリピュア

    一方住む場所の異なる家族や親族ならば自己破産の手続きを実行したことが知られてしまうなどということはひとまずありえないと納得してください。

    妻または夫の支払い義務を失くすことを目的として別れることを計画する早まった夫婦もいるようですがそもそも、たとえ夫婦であっても法律的には(連帯)保証人という立場にならないならば民法の上では支払義務はありません。

    ただし連帯保証人という立場になっている際はもし婚姻関係の解消を実行したとしても保証人という身分としての義務は残っていると認められるため法律上の支払い義務があるのです。

    だから婚姻関係の解消を行っただけで貸与されたお金の法的な支払い義務が無効になるといったことはまずないのです。

    あるいは、現実として借りたところが債務を負った人の近親者に催促を実行することがありますが、保証人や連帯保証人を請け負っていないようであれば子と親又は弟と兄の間などという近親者間の借金について他の親族に法的な法的な支払い義務はあり得ないのです。

    そもそも債権を持つ会社が法的な支払義務を持たない家族や親類などを相手取って支払請求を行うのは貸金業の規制法を実施する上での金融庁の営業基準の中で固く禁止されているため請求の実行方法により貸金業を規制する法律の督促の基準に違反することにもなります。

    それを真に受ければ法的な支払い義務を負っていないにも拘らず借り手の家族が支払の請求受けたという事実が存在するというならば債権保持者に向け督促を直ちにやめるよう警告を発する内容証明郵便を送るのがよいでしょう。

    情けをかけて、債務を負った人の事がかわいそうでならないからと思って借り主以外の家族が負債を代理で請け負って支払うという話も聞きますが借入者本人が恵まれた境遇に甘えて以降も多額の借金を反復してしまうことが少なくありません。

    なので債務を負った本人の事情を考慮したら冷たいかもしれませんが自分自身の自助努力によって借金を返済させていくか自力での返済が見込めないのであれば自己破産申立をやらせた方が借り手本人の今後の生活を全うするためには良いと思われます。