確認することによって為替の相場の動向

*** PR ***

  • 外国為替証拠金取引で投資する面白いところは単一の投資商品であるのですが資金投下の期間を短い・普通・長いの3種類の中からいずれを選定するかということによって資本の投下の手だてがまるっきり変わるという点にあると言われます。

    最初に外貨への投資の「長い期間の投資」について詳しく見てみましょう。

    長期というものは、一年以上の投資を基本としているものです。

    基本的に為替相場で、一年以上後々の相場は円高か、あるいは円安だろうかを推測するのは多くは困難でしょう。

    普通の人は、「そこまで後々の動向は予言できない」というのが当たり前だと思います。

    予想もできないものを予想しようと努力したところで意味のないのです。

    ですから外国の貨幣を買ったとして、買った時の買いレートよりも円高に変わったとしても、近い将来円安になるだろうくらいの感じでやり取りに取り組むのがベストです。

    儲けを熱心に目指すというよりも他の利益、つまりスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるというのを、まず初めの目当てということにして出資しましょう。

    当然ですが短期間で為替変動の損失がなることもあります。

    そういったことから、そのようなマイナスが膨らんでも問題ないようレバレッジをできるだけ少なめで抑えることが大事です。

    外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が一定範囲以上拡大すると、追加保証金を払わなければならなくなったりまたはストップロス(ロスカット)がかかったりします。

    損切りになったら売り買いを打ち切りせざるを得なくなり長期のトレードは厳しくなります。

    このような危険を回避するにはレバレッジ2?3倍に設定して売り買いするのが安心かと思います。

    次は中期投資を狙った売買を考えてみましょう。

    中期スタンスにおいては、最大で1?2ヶ月位経った頃を推測しての売り買いとなります。

    為替の売買の場合、約1ヶ月ほど先のことは、おおかた、予測可能と考えられます。

    先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような世界的な論議であったり為替市場に参加している人たちがどのようなテーマに注目しているのかを聞いてみれば、ほとんどの場合見通しがきくのです。

    このファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見つつチャートを確認することによって為替の相場の動向を理解する事ができ、どちらのポジションかを決定するべきです。

    基本的に、経済の基礎的条件とテクニックのどちらでも良い感じであり、もしくは買い傾向が一致した時はほとんどその様に行くと思って差し支えありません。

    そうしたらポジションを増やすことでさらに高い儲けをもらえるでしょう。

    3つ目に短期トレードのポイント。

    この短期のスタンスが指しているのは言わば日計り取引を言っています。

    為替市場で日計り取引を行う時経済の状態は全然絡んでいないと断言できます。

    というのもあくる日の為替レートの動向に経済の状態は影響ないからです。

    この時一番のコツは大きい行事があることで、それに影響して為替のレートが変化する機会を待って取引しましょう。

    例としてアメリカにて雇用情勢が公表される、または金利政策などで制作金利が動くというような催しごと。

    このように大事な機会に変動を見逃してはいけないという理由で、短期のスタンスは技術的なデータが欲しいところである。