クレジットカードは上記の面でも十二分に有益な手段なのです

*** PR ***

  • クレカを使用しているとカード会社から明細書が送付されます。

    これら利用代金明細を保管しておけばどの場所で何時にカードをいくら使ったのかについての細かな内容が見やすい表になっているため、そのカードを使用した履歴を確認するために非常にたやすく実用的です。

    これをメインとするのはなんとも使いにくいと感じるかもしれませんがまとめやすい収支記録のような感じに仕上げることもいいアイディアだし家計管理にも役立つでしょう。

    それからカード明細書送られてから2週間程度で請求金額の引き落としがされるわけです。

    だからこの利用代金明細を見比べて、何か記憶にない記録もしも使ったこともない項目が明細に載っていたら指定窓口に電話をかけて聞けばよいというだけです。

    もし盗用カードによる犯罪に類するあなた以外による支払いが発見されたような時でもクレカカードの名義者に落ち度がないようなら多くの場面ではカード会社がそういった異常な使用をリストからはずしてくれます。

    ここ数年ではこれらのクレジットカード明細書をWEB上で確認できるカードが増えてきています。

    日頃からいつどんなものを購入したかを把握しておく方法で不正を防止することはもちろんカード利用の成績表の役目も果すので金銭管理等もできてしまいます(専用ページでカード履歴を参照OKなブランドは前月よりまえの取得ポイントや決済可能残高などが照会できるようになっています)。

    クレジットカードは上記の面でも十二分に有益な手段なのです。