起こす恐れがより少なく保険

*** PR ***

  • 車の損害保険には、この記事をお読みの方も既にご存知だと思いますが、通称「等級」という略称で知られる指標がドライバーに対してつけられます。

    略さずに言うとノンフリート等級別料率制度といわれ、保険の掛金に甚大に関係しています。

    等級によって、クルマの保険に入っている者の公平な負担を可能な限り担保することを一番の目的としているので、交通事故を起こす可能性、自動車損害保険を使われる確率がより高ければ大きいと見込まれるほど掛け金が高くなります。

    自動車事故を起こす恐れがより少なく保険を使われると考えにくい加入者は低リスクの加入者に違いないと認定されることで、保険料がぐっと押えられます。

    安全に乗用車を利用する保険利用者の方が優遇される決まりには違いないので、アクシデントを引き起こしやすい運転手には不利なシステムであるといえます。

    等級という仕組みは、良い利用者と事故の確度が高い運転者の掛金が変わらないと不公平に感じる利用者が多数を占めるため、保険を取り扱う会社サイドにとっても運営上のリスクを押えるために否応無しに欠くことのできない制度だと考えられるのです。

    ここで、等級というシステムが実際にどういった枠組みなのか簡単にご案内いたします。

    まず第一に等級というシステムには1等級に始まり20等級まで存在し、被保険者の等級が大きくなる毎に保険の料金が安くなるシステムになっているのです。

    続いて、1等級?3等級の間においては値下げされず反対に値段が上がり事故を起こしてしまい、自動車保険を使用してしまうと等級が三つ下がってしまい負担の増えた自動車の損害保険を振り込んでいくことにならざるを得ません。

    そしてまったく新しく保険に入るならば6等級からのスタートになり、その級から数が低くなっていくのか増えていくのかは被保険者次第です。

    だから保険の料金を抑えたい方は、自動車事故を生じさせないように余裕を持った運転に努めるのがまずは最も近道だといえるでしょう。