財布に入れておくとする等)

*** PR ***

  • 店舗でいずれものカードが決済できるわけではありません。

    :クレカ会社の加盟店舗はだいたい、ときには5を超えるクレカの運営会社とライセンスを結んでいるんですがちょっと不便ですが一軒一軒のお店でどれものブランドのクレジットカードが決済可能なわけでもありません。

    昔からある店舗の場合だとJCBマークの付いているクレジットカードしか使用不可な場合もあるし、近頃の加盟店ならばビザやMasterCardといった名前の入っているもののみしか使用不可な場合もよくあります。

    ダイナースクラブカードといったカードの場合、増して使用不可な店舗が増えるんじゃないでしょうか。

    どのような所有クレカが使用できるかをどこで見分けるといいのか「ならばどのようにしてどのようなカードが切れるかを見分けたらいいものか?」という質問だけど、確実に確かめるんだったらそこの従業員に聞いてみるしかないというのが実はその答えになります。

    とはいえたいがいの店や料亭には店舗前のドアのスペースに使えるクレジットカード会社のロゴが書かれた認証ステッカーが掲示されている理由から、「なるほどこの店舗はライフカードが使えるんだな」というのが分かりやすくされているから確認しておいていただけると思います。

    とはいっても、しっかりと管理が行き届いていないショップで用いる際には、シールが掲示されているショップでも「うちでは何々カードはご使用いただけません」等の対応を受ける場合もあるわけで困惑してしまうことだけは避けたいところです。

    やっぱりできる限りはより多くのお店で切れるようにする目的を考えると、異種のマーク(国際ロゴ)が書かれている一般的なVISAカード、マスターカードJCB、ダイナーズといったクレジットカードを複数契約するようにしたほうがよいと思います(例えば:VISAカードをいつも使っているならアメックス付属のカードを財布に入れておくとする等)。

    もっぱら国内においてはVISA、MasterCard、JCBの3つの契約が書いてあるクレジットカードをその都度使っていればおおむねほとんどの加盟店でどれかしらのクレジットカードを差し出すようスタンバイOKということになります。

    クレカを使用して効率的に節約を続けるつもりならば、確実に別々のカードを契約しておいていただくことをお勧めします。