証する紙面や銀行の預金通帳のコピーなどという証明資料の提出

*** PR ***

  • 自己破産申請をしても司法機関などから家族や親族に直に電話がかかるといったことは考えられません。創業融資 大阪 兵庫

    よって近親者には明らかにならないように自己破産の手続きができる可能性もあります。PCマックス

    ただし実際には自己破産手続きを申立てる時に公的機関などから同居家族の所得を証する紙面や銀行の預金通帳のコピーなどという証明資料の提出を求められるようなこともありますし、借入先から家庭へ催促が来るといったこともままありますから、親族に秘密がばれないように自己破産申立てが実行することが可能だという保証はないといえるでしょう。

    敢えて隠してそれ以降に知られてしまうよりも本当のことを誠実に真実を打ち明けて皆が一丸となって破産の手続きをする方がよいでしょう。

    一方異なった場所に住む家族や親類の方が自己破産手続きを行ったことが発覚してしまうなどといったことは当面のところ心配する必要はないといえるでしょう。

    夫(妻)の支払い義務を失くすことを目的として離婚届の提出を考えるカップルもいらっしゃるとのことですが実際は、夫婦だとしても法律的には当人が保証人という身分ではないということであれば民法において支払い義務は発生しないのです。

    ですが(連帯)保証の名義人である時はたとえ離婚届の提出を行っても保証人という身分としての義務は残存してしまいますと判断されるため支払に対する強制力があります。

    ゆえに離婚届の提出を実行するからといって借金の支払い義務が帳消しになるということは考えられません。

    あるいは往々にして業者が債務をもつ人の親族に督促をしてしまうこともありますが、保証人又は連帯保証人にサインしていないということであれば子供と親ないしは兄弟姉妹という類いの親族間の負債について当人以外の家庭の人に法律的な支払に対する強制力は認められないのです。

    まず業者が法的な支払い義務のない親族の方へ催促を実行するのは貸金業関係の法律を参照する上での政府機関の運営ガイドラインの中で固く禁止されており、催促の仕方によっては支払請求の基準にたがうことにもなります。

    ですから支払義務とは無関係であるにもかかわらず債務を負った人の家族が取立てを不当に受けたという事実が存在するとすれば金融会社に向け支払請求を直ちに止めるよう通告する内容証明の郵便を出すのがよいでしょう。

    情けをかけて、破産申請者当人が可愛そうでならないからと思うが故に借りた本人を除く家族が借りたお金を代理で返済してしまうことがありますが、借入者本人が幸運に他力本願になって継続的に借金を繰り返すことがあるのです。

    従って、債務をもつ本人事情を斟酌すれば厳しいようですが債務をもつ本人自助努力で借金を弁済させるか、それが不可能ならば自己破産手続きをさせる方が債務を負った本人のこれからのためになると思われるのです。