その動きをきちんと見ているとある場面

*** PR ***

  • 初めて開始する時という局面では、始めに準備を横着してはいけません。http://webmania.to

    相場に入る前であるならば起こる事を合理的に見ることのできる余裕がある。

    だが、一度売買の内側へ立ち入ってしまうとどう工夫しても物の見方が自己中心的になり肝心な時にしっかりとした見方がわからなくなる恐れが生じる。

    それゆえに自分自身のメンタルが合理的なうちにしっかりと準備が大事です。

    その”準備”とは、最初は自分のシナリオを作成する事からスタートする。

    未来の投資状況は上がる(または下がる)から、米ドルをエントリーするみたいな、自分なりの脚本を書いていきます。

    次に重要なのは日足チャートを調べましょう。

    それ以前のマーケットの上下動を見定めて、今の値動きをチェックします。

    そうすれば、「今現在は割りに行き過ぎた状態である」とか、または「もうすでに多数の人々が勝負している今から急に買い(または売り)しても今さら遅すぎるな」ということが理解できます。

    今さら買い(または売り)するのが遅いと思ったならば仕かけないで、その状況では諦めることが肝心です。

    自分なりのシナリオを譲らずに無理やり注文すると相場に跳ね返されてしまいそればかりか損をすることになる危険があります。

    ただかなりの場面で、準備が整った自分自身の台本を考えていくと売り(または買い)がやりようがないという具合にはならないと思います。

    たぶん、本格的にマーケットが動き出す前のはずです。

    次に、とりあえずは自らが売り買いしようと決めているポジションの上下の動きを、きちっと点検する事が肝心。

    仮に円安に向うという物語を描いたのであれば該当する外貨の変動に注目しておきます。

    外国為替相場の推移を注目し始めたばかりではまだまだドル円は明確に上下動する様子を見せることはなく上や下にちょっとした動きをしているだけでしょう。

    でも、その動きをきちんと見ているとある場面で円安の方向へとマーケットが変化し始めます。

    そこでいよいよ、ドルの注文をします。

    通常は、これだけ周到に準備を考えておけばそのトレードで儲ける確率は相当高くなります。