使っているならその次はMasterCard付属のカード

*** PR ***

  • 加盟店でどれもの保有カードが決済可能なわけではない▽クレジットカードの加盟店舗は多くはときには5を超えるクレジットカードブランドとライセンスを結んでいますが、いかんせん全部のお店であらゆる種類のクレカが決済可能なわけでもありません。森山ナポリ

    例をあげれば古いタイプの契約店の場合はJCBの印の付いたクレジットカードしか使えない場合もあるし新しい加盟店ではビザとかMasterCardといった名前の入ったものだけしか決済不可な場合もよくあります。スポーツベット おすすめ

    ディスカバーカードみたいなクレジットカードの場合、もっと切れない商店が多いでしょう。カイテキオリゴ 返金

    何のブランドのクレジットカードが決済できるかをどこで見分けたらいいか?「だったらいかにして何のブランドのクレジットカードが決済可能かというのを判断したら良いのか?」という質問だけど、きちんとしたことを確かめるにはそこの店員に確認してみるほかないていうのが正直なところ正しい回答です。ポーラアヤナス

    とはいえ大体のショップや料亭には加入店の分かりやすいところに使用できるカードの印がプリントされている認証マークがあることから、「なるほどこの店はダイナースカードが使えるんだな」という感じで迷わないようになっているから確認していただけると思います。

    しかしながら、しっかり管理が行き届いていない加入店のような場合には、ロゴマークが掲載されている状況でも「今は××カードはお使いいただけません」などという案内をもらうなどということもあるわけで、あたふたしてしまうこともなくもないです。

    余裕があれば可能な限り全ての加盟店でカードが使えるようにする目的を考えると、異なるブランド(インターナショナルなマーク)がプリントされた一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナースカード、といったカードを複数枚持つようにするようお勧めします。

    (例:ニコスカードを使っているならその次はMasterCard付属のカードを使用するといった方法)。

    海外に出ないならVISAカード、MasterCard、JCBの入っているカードを常に使っていれば、おおむね100%の契約店舗で3枚のうち少なくとも1枚のクレカを使用することが可能です。

    クレカを契約して有効的にキャッシュレス生活を目指すならば、きっちりとどんな場面でも支払い可能なカードを所有しておいて損はないと思います。