最近のローンキャッシングの利息の範囲

*** PR ***

  • ローンキャッシングした際、返済をする時には利率分を含めての支払いになるのは誰もが知っていると思います。

    カード会社は収益をターゲットにした企業なのですから当然です。

    とは言っても返済する方は、1円でも少なく返したいというのが本音でしょう。

    利息制限法が施行される一昔前は、30%近い利息返済していましたが、定められてからは高利息でも年間18%位とかなり低く決められているので、かなりお得になったようです。

    最近のローンキャッシングの利息の範囲は4%位から18%位の間が設けられていて、利用可能額により定められます。

    利用可能額は申請者の評価によって影響します。

    総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年収がどれくらいあるのか?どんな職業なのか?カードの使用状態はどうなのか?等が審査され与信額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。

    カードを使ったローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各業者で内容は違います)と広い枠があります。

    こうしてその枠の中で決定した利用できる額により金利も決まるのです。

    50万円なら年率18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になります。

    いわば、与信が高ければ、与信限度額も上がり、利子も低くなるはずです。

    この金利に違和感を感じるのは私しだけでしょうか?カード業者にとって、これらの事実は当たり前でしょうが、収入の良い人がキャッシングの必要があるとは考えずらいですし、仮にキャッシングローンを利用したケースでも利率が多かろうが少なかろうがお金を返す事に困る事はないのです。

    むしろ一年の収入悪い人は直ぐにお金が必要だから借りるという方が多く、利子が多いと支払いに困るはずです。

    なので借り入れ可能幅の少ない人にこそ低金利で使用できるようにするべきです。

    これは使う自分が置かれている立場としての考えではあります。

    これらの事を踏まえて、利率を少なくする為にはどうするべきかぼんやりと分ったと思います。

    実際にこれから書く方法で、手続きを申し込む人が大多数なので紹介しますと、キャッシングサービスの申し込みをする場合、年収の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みを行うのです。

    年収450万円なら150万円。

    年収600万円なら200万円。

    申し込み、カード審査で満額通ればその分利子が良いカードを手にすることができるはずです。

    であっても限度額ギリギリまで利用しなければならないというわけではありません。

    1万円でも30万円でも必要な額だけ利用可能です。

    そのうえ最高利用可能額が300万円で最低利子年間7%位のローン企業もあります。

    その企業に手続きを申し込めばその金融会社の最低利子で受ける事ができるようになるはずです。

    どう感じましたか?アプローチを変えるだけで低金利のクレジットカードを持つことが出来るようになります。

    自身の収入とカード会社の金利を比較し、調べる事に時間を割けば、より有利な条件でお金の借入れができるため、ちゃんと調べるようにしましょう。