www.palaungwomen.org
自動車の保険には皆様もご存知だと思いますが通称「等級」と呼ばれる制度があります。略さずに書くとノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、保険の掛金に甚大に関係しています。等級とは、クルマの損害保険の被保険者の公平性を可能な限り担保することを狙いとしており、自動車事故を引き起こす車の損害保険を使用する見込みがより高ければ大きいと考えられるほど月々の掛金が高くなります。一方で自動車事故を生じさせる見込みが低く、車の保険を利用すると考えにくい被保険者は優秀な被保険者に相違ないと認定され保険料金が安くなります。安全に運転している保険利用者のほうがより優遇される枠組みだといえるため、事故を起こしやすい人にはデメリットのある機構であるといえます。等級という機構は、優良運転者と事故リスクが大きい被保険者の月額の掛金が変わらないとアンフェアに思ってしまう方が多数を占めるので、自動車保険側からしても支払い損を低減させるためにどうあっても欠くことのできない機構だといえるでしょう。それでは、等級とは実際にどんなシステムなのか簡単に明示させていただきます。まず第一に等級には1等級に始まり20等級まで設定され等級が増加するたびに月額の掛金が割引されるシステムになっています。次に1等級から3等級の範囲においては値下げされずそれどころか割高になり、事故を起こしてしまい自動車の損害保険を利用すると3等級下がり、負担が大きい自動車保険を支払うことにならざるを得ません。最後に初めてクルマの損害保険に申請するケースにおいては6等級から開始になり、その時点から等級が低くなっていくのか上がるのかはドライバーの心がけ次第です。ゆえに、保険の掛け金を安くしたい被保険者は、自動車事故を生じさせないように安全運転に気をつけるのが一番近道だといえるでしょう。