しかし自動車買い取りの時は

*** PR ***

  • 車を売却する際や、それから自動車の買取時も印鑑証明という書類が必要になります。国民生活センターの相談窓口

    それではこの印鑑証明について解説していきます。森山ナポリピザ

    印鑑証明というのはある印鑑に対して、それが実印として効力を持つという事実を実証する目的のものです。カイテキオリゴ 母乳

    印鑑証明がない場合には、その印鑑について実印で間違いないということが実証できません。スポーツベット おすすめ

    個人にとっては相当高額な商談になる愛車の売却ですので、実印が必要ですがそれと一緒に印鑑証明という書類が出てきます。

    印鑑証明書を交付してもらうためには、発行前に印鑑証明をする必要があります。

    登録する印は通称、実印と呼ばれていて、同じものが二つとない印であることが条件です。

    実印を用意して、自分が住む役場の受付へいけば、印鑑登録をすることができます。

    印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものを発行してもらえてそのはんこは実印として使えるようになったということになります。

    印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには市町村役場の担当部署で印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけです。

    それに自動交付機で印鑑証明の書類を発行する事が可能です。

    印鑑証明には有効期限などはないのです。

    なので、いつの印鑑証明であろうが効力はあるのです。

    しかし自動車買い取りの時は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。

    ほとんどの場合有効期限などはありませんが、自動車の買い取りの時は、買い取り先が必須となる有効期限を設定していますので、所有車の売却予定の車があるとしたら、売却前に持っておくとよいでしょう。