そもそも為替介入は我が国の場合

*** PR ***

  • 為替介入(外国為替市場介入)は聞いた事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、ネット等の報道で見かけた人もたくさんいると思います。コンブチャクレンズ

    そもそも為替介入は我が国の場合、大臣(財務大臣)為替の相場の安定を保てるように用いる戦略ということで評価されています。

    簡単に言うと、かなりの円高・円安になると財務大臣の言いつけが出ると中央銀行である日銀が日本円を取引して為替のレートを安定させるといったものです。

    為替の介入はいくつか方法があります。

    1.単独介入・・・政府または日銀が、東京での市場において自主的に市場に参加して為替介入(外国為替平衡操作)をする。

    2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談し、それぞれの通貨当局の持ち金を用い同時期にまたは時々為替介入を行なう。

    3.委託介入・・・他の国の通貨当局への為替介入(外国為替市場介入)を委ねる。

    4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに代えて為替介入(外国為替市場介入)を執行する。

    こういった方法があります。

    いずれのやり方の為替介入(外国為替平衡操作)も短期に、または連続して為替のレートに多大な影響力を与えるはずです。

    為替の介入のお金は当然ですが自国の面目をかけているだけに桁外れです。

    円を元にして考えると、日頃は少しだけ動いているレートが不意にかなり動きをします。

    投資家の方ならば過去に経験したことがあると考えますがそこまではスムーズに利益(または含み損)が増加していた保有高をキープしていたところに、持続している持ち高が決済となりましたと連絡が外為の会社からメールが。

    どのくらい得したのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済されたデータを確認したら、期待していたのとは正反対の状態になってしまい度肝を抜かれたというパターンがよくありました。

    外国為替市場介入(為替介入)が行われた時によく聞く話です。

    外国為替平衡操作(為替介入)が実行されると、為替市場の傾向とまったく反対の変動をするものです。

    加えて変化する金の範囲は非常に大きく動きますので用心しましょう。