↓の内容になります

*** PR ***

  • クレジットをショップにて決済する時、みなさん体験がおありかと思いますがレジのスタッフがわからないためどのレシートを利用者の方に提示するべきか迷うことがあるのではないでしょうか。http://tintin-movie.jp/

    というのは、カードを利用すると専用端末から数枚の使用明細が印字されるためで、これらのどの紙をカード利用者に渡すべきなのか迷うということがあるのです。

    利用明細の説明)上述の3枚1組の利用明細の内容とはいかなるものかについての概要は、↓の内容になります。

    1利用者へ保管してもらう使用明細。

    2店舗控え用のレシート。

    3クレジットカード会社控え用使用レシート(署名を行う明細)。

    本来であれば当然お客さんの方に渡す用の利用明細の方を渡されるのですが、稀に、店舗控え用の利用レシートをカード利用者の方に間違って渡すということであったり、記名した方の紙を渡してしまうというというようなケースもあります。

    このパターンはアルバイト従業員であるとか通常カードが利用されることの少ない店頭でカードを使うとそれらの従業員の困った姿が見れると思います。

    仮に従業員が違う方の使用明細というものを渡そうとした際は「これは違いますよ」と教育してあげてほしいものです。